国内業者と海外業者のメリットデメリット

  • 海外業者のメリット

    コラムその1
    ・手数料が安い 国内の業者は海外の業者に比べて 手数料が非常に安く、新規手数料は基本的には無料ですが、 海外の業者では初回手数料が必要な業者もあるので、事前に調べておく必要があります。

    ・最低取引単価が低い 業者ごとに取引単価は違いますが、 平均して海外業者の場合500円~1000円なのに対して 国内の場合は最低取引設定が50円からはじめる事が出来る業者も少なくありません。 バイナリーオプションがはじめてという方にはデモンストレーションにはもってこいだと言えます。

    ・海外業者よりも安心感がある。 最後に、なんと言っても国内業者は日本人向けに取引画面が作られている為に使いやすく、 日本語でのサポートもしっかりしています。 海外の業者でも最近では日本語対応してきていますが、 まだまだ海外のサイトに不安がある方には国内業者がオススメです。
  • 国内業者のメリット

    コラムその2
    ・手数料が安い 国内の業者は海外の業者に比べて 手数料が非常に安く、新規手数料は基本的には無料ですが、 海外の業者では初回手数料が必要な業者もあるので、事前に調べておく必要があります。

    ・最低取引単価が低い 業者ごとに取引単価は違いますが、 平均して海外業者の場合500円~1000円なのに対して 国内の場合は最低取引設定が50円からはじめる事が出来る業者も少なくありません。 バイナリーオプションがはじめてという方にはデモンストレーションにはもってこいだと言えます。

    ・海外業者よりも安心感がある。 最後に、なんと言っても国内業者は日本人向けに取引画面が作られている為に使いやすく、 日本語でのサポートもしっかりしています。 海外の業者でも最近では日本語対応してきていますが、 まだまだ海外のサイトに不安がある方には国内業者がオススメです。
  • 国内と海外の業者の決定的な違い

    コラムその3
    国内、海外の業者で決定的に違うポイントは 国内のバイナリーオプション業者の場合は金融庁の許可が必要な為に安心できる業者であること、 しかし「投資」としての側面が強い為に、ギャンブル性が強いと判断される投資項目が自主規制を行うなど自由度が低くなっているというデメリットもあります。

    逆に海外の業者の場合はどちらかと言えば「投資」よりも「サービス」としての認識が強い為、国内の業者にはない1分間で相場の上がり下がりを予測する『1ミニッツ』や『60セコンド』といった短期取引方など多くのサービスが受けられるのも特徴です