海外の業者はクレジットが使用できて、国内の業者は使用できないのですか?

A.海外ではバイナリーオプションは投資ではなくサービスとしての認識が強く、金融商品としての認識が強くないのが現状で、
日本の場合、バイナリーオプションは金融商品としての取り扱いの為、金融庁がクレジットカードの利用を禁止しているからなのです。

バイナリーオプションに税金はかかりますか?

A.バイナリーオプションで1年間(1月1日~12月31日)に20万円以上の利益が出ている人は課税対象となり、確定申告をする必要があります。
この場合国内の業者の場合の税金の区分は「申告分離課税」となり所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%の合計20.315%を税金として収めなければいけません。
(たとえば利益が100万円だった場合、税金で20万円近くが引かれて手元に入る金額は80万円と言う事です。)

海外の業者を利用した場合は「総合課税」に分類され、
バイナリーオプションでの利益のほかにも給与所得などの合計が
195万円以下で5%
195万円超、330万円以下 10%
330万円超、695万円以下 20%
695万円超、900万円以下 23%
900万円超、1,800万円以下 33%
1,800万円超 40%
と国内、海外の取り扱い業者を利用した場合では税金の計算方法が変わってきます。

バイナリーオプションとFXの違いは何ですか?

A.バイナリーオプションは利益も損益もほぼ一定ですが、FXの場合大きな利益を出す場合もありますが、逆に損失が出た場合も莫大になります。
またレバレッジも有無も大きな違いの一つです、
レバレッジとは自分の資産よりも多くの金額の取引が可能になります。
FXで利益を出す為にはこのレバレッジが必要不可欠ですが、その分損益が出た場合のリスクが大きいのもFXの特徴です。

バイナリーオプションの取引で完売が出るときがありますが、どういったことなのですか?

A.基本的には現状よりも「高い」か「低い」かを予想するのですが、一方に予想が集中してしまった場合、チケットが購入できなくなってしまう現象を完売といいます。

これは、バイナリーオプションを取り扱う証券会社の収益構造が、負けたトレーダーの掛け金から勝ったトレーダーに支払われている為、予想が偏った場合、大きな損失のリスクを避ける為に「完売」として注文を締め切ってしまう為です。

Q.興味はあるのですが知識がないのではじめられません。

A.なにもわからない状態で投資を始めるのは確かにリスクが高いと言わざるおえません。そこでデモを使ってみましょう。
様々な業者でデモを行う事ができます。
これは架空のお金で取引をシミュレートする事が出来るのです。
これで勝率が上がってくれば実際の資金で投資を始めてみてはいかがでしょうか?