HOME > バイオリーオプションはギャンブルなのか

ネットでよく見かける丁半博打というのは本当なのか?

  • ギャンブルとバイナリーオプションは似て非なるもの

    ギャンブルとバイナリーオプションは似て非なるもの 「家に引きこもっていながらも月収400万を超えた!」
    「先月までホームレス同然だったがマンション購入でウハウハ」といった過剰な広告のせいで、
    胡散臭いイメージが先行してしまっているバイナリーオプションですが、 現実はそうではありません、

    ギャンブルなどでは、負けが込んでいても大穴一発逆転で大もうけ
    といった事がありますが、バイナリーオプションの場合それはありません、
    当たったり、外れたりを繰り返し、的中率を上げていく事で資金が増えていくのです。
    そしていかに的中率を上げるのか?それがバイナリーオプションなのです。

  • 大数の法則によれば勝率は50%に限りなく近づくは本当か?

    大数の法則によれば勝率は50%に限りなく近づくは本当か? バイナリーオプションをはじめるにあたってネットで検索をかけると「丁半博打」
    「大数の法則で勝てない」などの言葉がよく目に付きますが、
    この言葉は本当にバイナリーオプションに当てはまる言葉なのでしょうか?

    まずは『大数の法則』とはいったいどのようなものなのかを解説しましょう。
    サイコロの一つひとつの出る目の確率は1/6であるを言い切ってしまうこと、これを「数学的確率」といいます。
    実際にサイコロを6回振ったところで平等に1から6までが一度づつ出るという事はないでしょう。
    しかしサイコロを振り続ければ全ての目の確率は1/6に近づいていきます、これを「統計的確率」といいます。
    バイナリーオプションでは明確に勝ち負けが分かれる為この大数の法則に当てはめると結果勝率は50%に近づくと言うのが、ほとんどの言い分なのです。

  • バイナリーオプションはギャンブル感覚では利益にならない。

    バイナリーオプションはギャンブル感覚では利益にならない。 そもそもこういったサイトでの言い分は経済の流れなどを度外視した戦略や戦術無しでの考えが前提になっている場合が多いのです。
    極端な考えで言えばHIGH&LOWでずっとHIGHに賭け続ければ最終的には勝率が50%になると言っているようなものです。

    経済の流れを読み、これから円高になるのか円安になるのかを予測し、確率の高い方に投資する事が重要なのです。