HOME > リーマン・ショックの影響(中編)

100年に一度の経済危機『リーマン・ショック』とはいったいどのようなものだったのでしょうか。~中編~

100年に一度の経済危機『リーマン・ショック』とはいったいどのようなものだったのでしょうか。~中編~

2008年9月15日にアメリカの大手証券会社である『リーマン・ブラザーズ』が経営破綻し、これによってリーマンショックと呼ばれる世界的経済危機が起こりました、これはいったいどのような経緯があったのでしょうか?
アメリカの不動産バブルがはじけた後、アメリカでは何が起きていたのでしょうか?

恐慌の始まり
もともと返済能力の低い人向けのローンであったため、家の売却が難しくなってくるとローンの返済がまともに出来る人がほとんどいなくなってしまいました。 ローンを組んでいた人達は次々に自己破産し、その結果貸し手側である金融機関はとんでもない額の赤字が出てしまったのです。
さらに追い討ちをかけたのがサブプライムローンの証券化でした、この価値をなくした証券を購入していた投資家や銀行が一気に資産を失う事態になってしまうのです。
最悪な事に、サブプライムローン証券は他のローン証券などと組み合わせて証券化していた為に自分が所有している証券にサブプライムローン債権が含まれているのかもわかりにくく、投資家たちは自分たちが所有している証券にサブプライムローンが含まれているのを恐れて一気に金融関係の商品を手放しました。
これによって市場が大パニックを起こし、多くの金融機関や投資銀行が経営悪化をおこす中、 大手証券会社のリーマン・ブラザーズが破綻します。

リーマン・ショックの真相
大手証券会社の破綻に対してアメリカ政府が救済の為の融資を行いませんでした、そしてあまりにも負債総額が大き過ぎて、買収するような金融機関も出ませんでした。 これによって、リーマン・ブラザーズの株や社債、投信など全てが無価値になってしまい、これによって更に多くの銀行が破綻する事になります。 銀行が破綻すれば当然銀行から投資を受けている会社などにも被害が及び次々と潰れていきました。

ではなぜこの様な経済不況の中アメリカは救済措置を行わなかったのでしょうか? そして、なぜ他の大手証券会社は持ちこたえリーマン・ブラザーズだけが破綻したのでしょうか。 後編へ 続きます。