ネットにあふれるステマ記事に振り回されないで

ネットにあふれるステマ記事に振り回されないで

ネット上で「噂のバイナリーオプションで資産0から1800万になった件www」や、「引きニートの俺が1週間で400万稼いだ」「投資ドシロウトでも簡単に稼げる方法」といった記事を見かけた事はありませんか?
これは2chやまとめサイトで上げられているタイトルなのだが、これらの儲け話はほとんどがステマ(ステルスマーケティング)で巧妙に似せているがこういったサイトは広告である為、消費者センターへも苦情が相次いでいます。

これを機にバイナリーオプションに興味を持ってもらえる事はいいのですが、こういったサイトに載っている確実に勝てるといった言葉や必勝法という言葉で始めてしまい、資金を失ったという被害の報告が上がっている。

あくまでもバイナリーオプションはデリバティブの一種である為、必ず万人が勝てる必勝法などは存在しません。
しっかりとリスクを理解した上でご利用していただきたいものです。

さらに酷い被害も

さらに酷い被害も

投資にリスクはつきものですから、うまい話にのっかって自業自得で終わったならばまだマシな場合もあります。
しかし次に挙げるお話はもはやそういった次元ではなく、 口座から出金を断られるという、取引とは関係のない損失がでるケースもあります。

こういったサイトでは取引をしない事が第一ですが、まず一般人では見極める事は難しいでしょう。
そこでそういったトラブルのほとんどは海外の無登録業者である場合がほとんどなのですが、
そういった業者に引っかからない為のポイントを2つご紹介しましょう。
まずは事業所の所在国を調べます。
海外の業者なので所在地が海外になっている業者のことなのですが、日本人向けに日本語のサイトがある場合パッと見では海外の業者なのかわからないケースもあります。
その場合サイト内にある会社概要(Company Profile)や約款などで、所在地が海外でないかどうかを確認しましょう。
次にこちらは大きなポイントになるのですが
「関東財務局長(金商)」、「近畿財務局長(金商)」といった表記の有無です。
日本国内で金融商品取引業者に該当する事業をおこなう場合、金融庁への登録が必要となります。
しっかり登録がされていれば、「関東財務局長(金商) 登録番号 第○○号」などといった番号が与えられ、公式サイトにも表記されているはずです(※登録している財務局長が関東以外の場合もあります)。